トップページ | 短納期 | 支払い | プリンター | ミニ  | イベント | 通販
費用  | ティータイム | 宴会 | 宿泊施設 | サイトマップ

 

のぼり旗の製作にあたり

イベント

見えやすさが大事 現在はイベントや宣伝のために使用されることの多いのぼり旗ですが、
その起源は平安時代まで遡ることができます。旗というカテゴリーだと
もっと古い時代まで歴史があります。

はさむ

しかし、のぼり旗に大きく関係する歴史だと、流れ旗と呼ばれる
軍事用の旗が影響を与えたようです。平安時代以後、戦の際に
自軍と敵軍を見分けるために流れ旗が用いられるようになりました。

神社

この時点ではまだ現在のようなのぼり旗の形ではなく、
長い布に木を通して紐でくくった形をしており、
風が吹くと布がなびく形状をしていたようです。

室町時代になり、同じ流れ旗を持つ武家同士で争いが発生したことで
敵味方を判別するため、のぼり旗が発案され、日本全体に
広まったとされています。

戦国時代以後も、軍旗として使用され、現在ではイベント等で使用されています。
昔との大きな違いは、以前は軍の兵隊が持つ前提で作られていたのに対して
現在はスタンドによる無人での使用を想定されていることです。

Copyright(c) 2015-2017 NOBORI Inc. All Rights Reserved.